二種免許取得に必要な応急救護を詳しく教えて!

二種免許取得に必要な応急救護を詳しく教えて!

タクシードライバーとして転職する上で必ず必要になってくるのが二種免許です。この免許がなければお客を乗せてその対価としてお金得る仕事はできません。タクシードライバーで必要なのは、普通自動車二種免許となります。どのようにして取得するのかということをこれから紹介していきます。

受験資格があることを知っておきましょう

普通自動車二種免許を取得するには、条件があります。代表的な3つの条件があります。まず1つ目は、21歳以上であることです。2つ目は、片眼で0.5以上両眼で0.8以上の視力が必要です。さらに、深視力という立体視における遠近感や立体感を測る検査において2cm以下である必要があります。3つ目は、普通自動車第一種免許を取得してから3年が経過していることが必要となります。ここまで代表的な条件となります。その他にも色彩識別能力や10mの距離で90デシベルの警音器の音が聞こえるといった条件もあります。これらの条件を満たしていれば受験資格があります

普通自動車二種免許の取得の流れ

取得までの流れは、学科試験と技能試験があります。これは、普通自動車第一種免許と同じになります。この2つの試験に各々合格すると応急救護処置講習と旅客者講習があります。この2つの講習を受講すれば、晴れて取得をすることができるようになります。学科試験は、普通自動車第一種免許よりもかなり難易度は高くなっています。人を乗せる仕事をしますので、それだけ学科試験の内容は難しくなっています。また技能試験に関しても普通自動車第一種免許の合格点よりも高くなっています。人の命を扱う仕事に就くわけですから、当然と言えば当然のことであります

応急救護処置講習に関して知っておきましょう

普通自動車第一種免許も普通自動車第二種免許にも、応急救護処置講習はあります。ですが、後者の方が講習時間は多くなっています。前者は3時間の講習に対して後者は6時間の講習となっています。応急救護講習は、教官1人に対して生徒は6人となります。最初の2時間は、ビデオやテキストを使っての講義となります。ビデオはかなり詳細に分かりやすいように作られていますので理解しやすくなっています。そして残りの4時間は実技がメインとなります。心肺蘇生のマネキンを使用して、実際に心臓マッサージと人工呼吸を行います。教官がまずやり方を説明した後に、各生徒一人一人が実践します。さらにAEDの使い方や止血方法なども教わります。

まとめ

普通自動車第二種免許の取得は、普通自動車第一種免許を取得するよりも難しくなっています。特に応急救護処置講習は、普通自動車第一種よりも3時間も多く取ってあります。それは人の命を扱う仕事に就くので、それだけより多くの応急救護を教わっておく必要があるからです。

関連記事はこちら

二種免許を取るための費用とは
絶対合格したい!二種免許の取り方について
気になる二種免許の合格率を知りたい
二種免許の問題集、おすすめは?
二種免許を取るための条件とは?
二種免許の学科試験が難しいの?
二種免許を一発合格するための勉強法とは?
二種免許の運転技術を磨きたい!注意するポイントは?
二種免許の郷愁内容が知りたい
二種免許を取得するためのコツとは?
二種免許を最短で取得するのはどれくらいかかる?
覚えることがたくさんで困ってしまう。二種免許取得時講習、どこを重点的に覚えればいい?
二種免許の卒検は難しい?実際受けた人の口コミが知りたい
二種免許取得時の注意点5選
難易度の高い二種免許を合格するためのポイントとは
二種免許にも適性検査があるって本当?
二種免許に必要な視力の数値とは
二種免許に必要な聴力はどれくらい?
二種免許の実技に出る鋭角をうまく曲がるためのコツ
二種免許の実技にでるクランクを曲がるためのコツを教えて
都内で二種免許取得におすすめの教習所5選
二種免許を取得するうえで外せない牽引をうまくするポイント
二種免許の欠格条項とは
合宿で二種免許が取れる!?合宿がおすすめなポイント5つ