二種免許に必要な視力の数値とは

二種免許に必要な視力の数値とは

二種免許を取得するのに必要な目の状態を知っておく必要があります。両眼や片方それぞれがいくら以上などがありますが、それ以外に深視力が一定以下の誤差でないといけません。奥行きを正しく見ることができるかの判断になります。

両眼で0.8以上ないと取得ができない

自動車の運転免許を取得するとき、体の検査などが行われます。試験場で行われるものとして視力検査があり、一種免許であれば両眼で0.7以上あれば取得や更新が行えます。では二種免許の時はどれくらい必要になるかです。タクシーの運転で必要になるので、ここをクリアしないといくら教習などを受けても無駄になってしまいます。今のところは両眼で0.8以上とされています。一般的な自動車の運転である一種免許に比べると若干厳しい条件になっていますが、こちらは矯正後になります。裸眼の状態で低くても、眼鏡やコンタクトレンズなどを利用してこの値をクリアできれば問題ありません。

一眼でそれぞれ0.5以上ないといけない

原付の免許を取得するとき、両眼で0.5以上の視力が必要です。では一方の目が見えないときはどうかですが、左右150度の視野が確保できたうえで0.5以上あればよいとなっています。一種の場合でも一方の目が見えない時でも取得が可能です。では二種免許におけるそれぞれの目の条件ですが、0.5以上が必須になっています。これは両眼で0.8以上であるのと同時に必要な条件なので、一方しか見えない状態だと取得ができなくなります。この点からすると非常に厳しくなっていると言えるでしょう。タクシーなど旅客を扱う業務においては安全が求められるため、厳しくなっているのでしょう。

深視力が一定の値を示す必要がある

自動車の運転では、実際に何が見えているかも大事ですが、急な動きへの対応も必要になります。特にお客さんを乗せるタクシードライバーは、より安全に運転できる能力が必要です。運転技術もさることながら、人の機能が十分でないといけません。二種免許の取得においては、深視力が一定基準以上出ないといけないとされます。これは、奥行きを正しく見ているかを測るときのもので、一定の検査値の平均の誤差が2センチ以内でないといけないとされます。誤差が大きい時は奥行きが正しく把握できていないので、いくら良く見えていても取得できない可能性が出てきます。

まとめ

タクシードライバーに必要な二種免許を取得するには視力が一定以上ないといけません。両眼とそれぞれで基準が決められていて、両眼が0.8以上かつそれぞれが0.5以上でないといけません。片方だけしか見えない状態だと取得できません。

関連記事はこちら

二種免許を取るための費用とは
絶対合格したい!二種免許の取り方について
気になる二種免許の合格率を知りたい
二種免許の問題集、おすすめは?
二種免許を取るための条件とは?
二種免許の学科試験が難しいの?
二種免許を一発合格するための勉強法とは?
二種免許の運転技術を磨きたい!注意するポイントは?
二種免許取得に必要な応急救護を詳しく教えて!
二種免許の郷愁内容が知りたい
二種免許を取得するためのコツとは?
二種免許を最短で取得するのはどれくらいかかる?
覚えることがたくさんで困ってしまう。二種免許取得時講習、どこを重点的に覚えればいい?
二種免許の卒検は難しい?実際受けた人の口コミが知りたい
二種免許取得時の注意点5選
難易度の高い二種免許を合格するためのポイントとは
二種免許にも適性検査があるって本当?
二種免許に必要な聴力はどれくらい?
二種免許の実技に出る鋭角をうまく曲がるためのコツ
二種免許の実技にでるクランクを曲がるためのコツを教えて
都内で二種免許取得におすすめの教習所5選
二種免許を取得するうえで外せない牽引をうまくするポイント
二種免許の欠格条項とは
合宿で二種免許が取れる!?合宿がおすすめなポイント5つ