二種免許の実技にでるクランクを曲がるためのコツを教えて

二種免許の実技にでるクランクを曲がるためのコツを教えて

第二種免許に関しては、タクシー運転手にとって必須の免許となります。公認教習所に関しては、車両感覚を養うといった意味で、クランク時のバックを学ぶことがあるということを覚えておきましょう。試験には出て来ませんが、覚えておくに越した事は無い技術です。

難しい操作は早めに覚えておきたいところ

タクシー運転手としてこれから働き続けたいなら、第二種免許を取得するのが大前提です。特定の公認教習所に通う場合、難しい操作を覚えさせられることが多いため、くじけずに学んでおきましょう。しっかりと難しい操作を覚えておけば、業務が始まってから必ず役に立つので、絶対に覚えておきたいところです。やはり危険が想定される仕事をするわけですから、複雑な操作を覚えておけば、自分を守ることにもつながります。言うまでもなく、顧客を守ることにもなるので、やはり覚えておくに越したことはないでしょう。レベルの高い公認教習所の教官は厳しいかもしれませんが、だからこそやりがいを感じられます。

クランクバックなどを覚える機会もある

時折、教習所によっては試験に出ない複雑な操作が学べることもあります。特に、クランク時のバックの操作などが覚えられることもあるので、ぜひとも積極的に学んでおきましょう。クランクだけではなく、S字カーブのバックなどを学ぶこともできます。これらは技能試験には一切出てきませんが、学んでおくことで、いざ必要を迫られた時に大いに役立つ技術です。どのような道を走ることになるのかわからないわけですから、プロフェッショナルのタクシーを目指すなら、できるようになっておきたい技術でしょう。しっかりと教官と二人三脚になり、苦手を克服していきたいところです。

試験に向けては必要な項目だけのトレーニングを

とにかく確実に第二種免許を取得したいのであれば、試験に向けての項目だけを学習すればよいといえます。クランク等は、試験だけに集中するなら必要ないので、後回しでも良いでしょう。時間のある時に練習させてもらう程度が無難だといえます。他にも、第二種免許取得には、筆記試験などもクリアする必要があるので、時間を有効的に使って勉強することが大切です。第二種免許の、技能試験に関しては突破率が低く、なかなかの難関だと言えるでしょう。しかし、これを乗り越えることで、ドライバーとして自信をつけることができるので、諦めずに取得することが大切だといえます。

まとめ

クランクやS字のバックの機能と言うのは、めったに求められる能力ではありませんが、実戦では必要な場面も出てくるので、覚えておくに越したことはないです。技能試験には出てこないので、試験だけに集中したいなら、後回しでも良いでしょう。