覚えることがたくさんで困ってしまう。二種免許取得時講習、どこを重点的に覚えればいい?

覚えることがたくさんで困ってしまう。二種免許取得時講習、どこを重点的に覚えればいい?

タクシードライバーとして運転を始めるなら、もちろん二種免許取得が必要になります。取得時講習で覚えづらい項目があると感じているなら、できないところを重点的に学ぶことが大事です。わからない事は、その時にしっかりと教官から教えてもらいましょう。

第二種免許よりもハイレベルな技術が求められる

タクシードライバーになるとしたら、必須になってくるのが、第二種免許です。第一種免許よりもハイレベルな技術が必要となるので、しっかりと学びつつ、チャレンジする必要があります。ただ、取得時講習の覚えるべき項目が多いので、どこから覚えれば良いか迷ってしまう人もいるでしょう。筆記試験はそこまで難しくありませんが、 2番目の実技試験に関してはかなり難しいです。なので、知識よりもまずは実技に集中したほうが無難だといえます。特に自分が苦手な操作のところを重点的に練習するように心がければ、割と早い段階での取得が可能でしょう。

冷静に自己分析を行うことが大切だと言える

まずは、自らの苦手分野を明確にしておくことが近道になります。多くのカテゴリがあるからこそ、自己分析し、どこを重点的に行うと弱点克服になるのか理解する必要があるでしょう。分からなければ、教官に未熟なところを指摘してもらうのが1番だといえます。例えば、路上で応用走行をしている時、交通状況に合わせた運転ができているかどうか、確認してもらうべきです。できていないところはすぐにチェックし、こちらに伝えてもらうようにしましょう。そうすれば、足りないところから効率よく学んでいくことが可能です。実技試験をクリアする確率を、日ごろから少しでも高めておく努力が必要となります。

試験を受けた経験者の話を頼りにする

また、タクシードライバーとしての同業者、先輩が周りにいるなら、同業者からのアドバイスも大切にするのが1番です。やはり、試験を受けたことがあると言う人の話は、貴重な参考材料となります。試験突破のコツを教えてもらうと楽になるため、話を聞かせてもらいましょう。筆記試験は、どのような問題が出る傾向にあるのか、それを教えてもらうだけでも相当変わってきます。実技試験の場合は、直接的なコツを先輩に教えてもらうと、今自分が抱えている課題が徐々に見えてくるはずです。タクシードライバーになるには、避けて通ることができない道なので、しっかりと合格できるように努めてみましょう。

まとめ

二種免許に関しては、取得時講習で弱点を克服することが、取得への近道となります。範囲が広いからこそ、取得時講習で重点的に学ぶべき的を絞り、効率よく勉強する必要があるでしょう。色々と工夫をし、予習をしておくことも大切です。