二種免許を取るための条件とは?

二種免許を取るための条件とは?

転職時代と言われている現代で、今、特に人材不足が深刻化しているのがドライバー業界でしょう。中でもタクシードライバーの募集広告はよく見られます。これは離職者が多いという理由もありますが、逆にこの職業を求める人も多いという実態もあるわけです。タクシードライバーになるためには二種免許が必要ですが、この免許を取得するための条件とはどういうものなのでしょうか。

引く手数多のタクシードライバー募集

タクシードライバーの魅力は、なんと言っても求人が多いという事でしょう。たとえば、どこかの会社を定年退職した人でも、条件さえ満たしていれば簡単にできる仕事だと言えます。募集が多いというのは、この業界を取り巻く慢性的な人材不足という厳しい環境だからです。確かにサービス業ですから人によって向き不向きがあります。しかし、退職した後に必要な収入を得るためには最適な仕事だとも言えるわけです。タクシー会社へ応募するときには、面接などが行われますが、ここで重要になるのが運転免許です。ドライバーになろうとするのですから、これは必需品と言えます。第一種普通運転免許を取得して3年以上経過していることが条件になります。

タクシドライバーになるためには二種免許が必要

タクシー会社の面接にパスしたら、まずは二種免許を取得することが必要。この二種免許というものは、お客様を乗せて運転するときには必ず必要になる免許です。しかし、この免許はタクシー運転手として会社に採用された後でも取得することができます。そして、その取得のために会社が全面的にサポートしてくれる場合が多いです。タクシドライバーになるためには、二種免許を必ず取得しなければなりませんが、この免許は普通自動車一種免許を取得してから3年以上経過していれば誰でも取得できる免許になります。既に取得しているドライバー経験者は転職がかなり有利だとも言えるでしょう。

二種免許試験の受験条件とその試験とは

二種免許を取得するには必要な条件が3つあります。まず年齢が21歳以上であること。第一種免許を取得してから3年が経過していること。そして、ドライバーには必ず必要な視力と聴力です。これらをクリアすることが必要。さらにタクシードライバーになるためにはこの他にも深視力も必要になります。これは簡単に言えば動くものをみる検査です。以上が二種免許を取得するために必要な条件になりますが、実際の試験には学科試験と技能試験の二つの試験があります。それぞれに合格した後は応急救護処置講習と旅客者講習を受講して二種免許が交付されるようになっています。

まとめ

タクシードライバーは近年、ドライバーの人材不足からかなり求人が多くなっています。この職業に必要な免許である二種免許は、年齢が21歳以上であり、第一種免許を取得してから3年が経過していることと、視力と聴力が規定を満たしていることです。さらにタクシードライバーになるためにはこの他にも深視力も必要になります。

関連記事はこちら

二種免許を取るための費用とは
絶対合格したい!二種免許の取り方について
気になる二種免許の合格率を知りたい
二種免許の問題集、おすすめは?
二種免許の学科試験が難しいの?
二種免許を一発合格するための勉強法とは?
二種免許の運転技術を磨きたい!注意するポイントは?
二種免許取得に必要な応急救護を詳しく教えて!
二種免許の郷愁内容が知りたい
二種免許を取得するためのコツとは?
二種免許を最短で取得するのはどれくらいかかる?
覚えることがたくさんで困ってしまう。二種免許取得時講習、どこを重点的に覚えればいい?
二種免許の卒検は難しい?実際受けた人の口コミが知りたい
二種免許取得時の注意点5選
難易度の高い二種免許を合格するためのポイントとは
二種免許にも適性検査があるって本当?
二種免許に必要な視力の数値とは
二種免許に必要な聴力はどれくらい?
二種免許の実技に出る鋭角をうまく曲がるためのコツ
二種免許の実技にでるクランクを曲がるためのコツを教えて
都内で二種免許取得におすすめの教習所5選
二種免許を取得するうえで外せない牽引をうまくするポイント
二種免許の欠格条項とは
合宿で二種免許が取れる!?合宿がおすすめなポイント5つ