二種免許の実技に出る鋭角をうまく曲がるためのコツ

二種免許の実技に出る鋭角をうまく曲がるためのコツ

タクシードライバーとして働くには、最初に第二種免許を取得する必要があります。特に実技試験が難しい傾向にあるので、しっかりと対策をしておきましょう。鋭角コースを曲がるところがかなりの難関なので、重点的に腕を磨いておきたいところです。

難関となりそうなところをチェックしておく

タクシードライバーは、最初に第二種免許を取得する必要があります。最初の試験に関してはそこまで難しくありませんが、2回目の実技試験は、それなりに難関です。前もって要所要所を押さえておくことが大事だと言えるでしょう。タクシードライバーの先輩などに話を聞けば、どのような試験内容なのか教えてくれるので、参考にして予習することが大切だといえます。それぞれのポイントで、どのようにすればコツをつかみ、突破することができるのか、教えてもらうべきです。特に鋭角コースなどはかなりレベルが高いので、気をつけておきましょう。

鋭角コースをクリアする時のポイントに関しては

第二種免許の実技試験の時、鋭角コースでつまずいてしまう人も多いため、ここは重点的に学んでおくことが重要といえます。対策としては、ブレーキやハンドル操作の違いを理解することが重要でしょう。鋭角コースの特徴として、 V字型のコースを走ることになります。それぞれ左回り、そして右周りを走ることになりますが、マニュアルとオートマでギア、そしてブレーキハンドル操作の感覚が全く変わってくるでしょう。その操作の違いと、クセと言うものをしっかりと掴み、チャレンジすることが大切です。できていない部分は、その都度教官に指摘してもらうことも重要だといえます。

あきらめなければ必ず合格できる試験

ほとんどの場合、第二種免許の取得に必要な費用は、タクシー会社が負担してくれることが多いので、問題なく取得までがんばり続けることができます。確かに実技試験に関しては合格率が低めですが、諦めずに続けていけば突破できるレベルだと言えるでしょう。合格ラインは90点以上となっているので、まずはそれを目安に努力しておきたいところです。厳しい試験を突破しておけば、自分にも大きな自信がつくことになります。何よりも、お客様を運ぶ、責任のある仕事をするわけですから、ある程度厳しい環境で勉強しておいた方が、自分のためにもなるでしょう。

まとめ

第二種免許の難関となる鋭角コースは、コツをつかめば必ずクリアできます。このコースに限らず、不得意なところは前もって克服しておきたいところです。試験に向けて不安な要素は極力排除し、出来る限り合格率を高めるように努めましょう。

関連記事はこちら

二種免許を取るための費用とは
絶対合格したい!二種免許の取り方について
気になる二種免許の合格率を知りたい
二種免許の問題集、おすすめは?
二種免許を取るための条件とは?
二種免許の学科試験が難しいの?
二種免許を一発合格するための勉強法とは?
二種免許の運転技術を磨きたい!注意するポイントは?
二種免許取得に必要な応急救護を詳しく教えて!
二種免許の郷愁内容が知りたい
二種免許を取得するためのコツとは?
二種免許を最短で取得するのはどれくらいかかる?
覚えることがたくさんで困ってしまう。二種免許取得時講習、どこを重点的に覚えればいい?
二種免許の卒検は難しい?実際受けた人の口コミが知りたい
二種免許取得時の注意点5選
難易度の高い二種免許を合格するためのポイントとは
二種免許にも適性検査があるって本当?
二種免許に必要な視力の数値とは
二種免許に必要な聴力はどれくらい?
二種免許の実技にでるクランクを曲がるためのコツを教えて
都内で二種免許取得におすすめの教習所5選
二種免許を取得するうえで外せない牽引をうまくするポイント
二種免許の欠格条項とは
合宿で二種免許が取れる!?合宿がおすすめなポイント5つ