難易度の高い二種免許を合格するためのポイントとは

難易度の高い二種免許を合格するためのポイントとは

二種免許については、取得に大きな壁の学科試験及び実技試験があります。それぞれ普通免許と比較して、単発的に人間を乗せ、生命にかかわる仕事に従事するので、試験の中身それから、難易度に関しても高くなっています。

学科試験の押さえるべきポイント

学科試験に関しては、マークシートによって文章問題が90問そして、イラスト問題が5問となっています。 合格の点である90点以上を確保するには、イラスト問題も大事になってきますが、文章問題の基礎的な所を落とさないようするかが重要になります。 学科試験に関しては、普通免許の試験の中身に5から10問ほど二種の難易度の高い問題が出てくるのみで、それほど困難ではないです。独力で受けるケースでは、スマートファンの第二種の試験対策に適したアプリ、あるいはポイントを念頭に置いた教科書を何回も解き、問題のパターンと時間配分を押さえることが重要となります。教習所のケースでは、間違いが非常に多い問題に的を絞って微に入り細に入り解説します。要点を押さえて、基礎的な問題を落とさないように意識しましょう。

場内においては鋭角コースに対して注意が必要です

第二種免許においては、実技試験を押さえておくことが大切です。実技試験は、10から20%の率で急激に難易度が高くなります。それに加えて一発合格となれば合格するパーセンテージが10%以下になります。 90点以上を確保するには、場内でポイントとなる所があります。第二種免許の場内試験においては、主として縦列駐車や方向転換、さらに鋭角コースからランダムで2つ受けます。縦列駐車及び方向転換については、第一種の試験にもありますが、鋭角コースは第二種免許からになります。鋭角コースに関しては、V字型を左回り、右回りに通ることになります。個々に切り返し1回で乗りきることが求められます。MT及びATでギア、あるいは ブレーキやハンドルコントロールが異なってくるのできちんとトレーニングしておきましょう。

路上は客を考えた運転がキーポイント

路上試験においては、客のための本番に等しい運転の流れになります。流れとして、指定のコース走行及び停車それから、乗せる所への停車や転回になります。 指定のコース走行及び停車については、路上講習のポイントを押さえ、交通ルールに基づく安全運転で良いです。 最も大きなポイントは、乗せるポイントにおいての停車位置が、乗せる際の後ろのドアの開け閉めが円滑にセンターに止める事ができるかという点です。 そして、最後は、指定の場所に戻るために転回することになります。転回は、何度切り返ししても問題なく、他車をストップさせないよう気を付ける必要があります。本番は、停車の位置のミスや転回ミスなどを留意し、慌てないことが大切となります。

まとめ

第二種の試験は、人間を乗せるため、慎重にしてセーフティーな運転を考えた中身になります。普段マイカーを走行するセンスが癖となり、技能試験に対して影響を及ぼすことも考えられます。とりわけ駐車や信号の停車、あるいは右左折時に癖が現れ易く、減点となることが多いです。ひとたびついた感覚を正すのは困難ですが、癖を頭に入れて対策を施すことが大事となります。

関連記事はこちら

二種免許を取るための費用とは
絶対合格したい!二種免許の取り方について
気になる二種免許の合格率を知りたい
二種免許の問題集、おすすめは?
二種免許を取るための条件とは?
二種免許の学科試験が難しいの?
二種免許を一発合格するための勉強法とは?
二種免許の運転技術を磨きたい!注意するポイントは?
二種免許取得に必要な応急救護を詳しく教えて!
二種免許の郷愁内容が知りたい
二種免許を取得するためのコツとは?
二種免許を最短で取得するのはどれくらいかかる?
覚えることがたくさんで困ってしまう。二種免許取得時講習、どこを重点的に覚えればいい?
二種免許の卒検は難しい?実際受けた人の口コミが知りたい
二種免許取得時の注意点5選
二種免許にも適性検査があるって本当?
二種免許に必要な視力の数値とは
二種免許に必要な聴力はどれくらい?
二種免許の実技に出る鋭角をうまく曲がるためのコツ
二種免許の実技にでるクランクを曲がるためのコツを教えて
都内で二種免許取得におすすめの教習所5選
二種免許を取得するうえで外せない牽引をうまくするポイント
二種免許の欠格条項とは
合宿で二種免許が取れる!?合宿がおすすめなポイント5つ