国産自動車交通

国産自動車交通ならニ種免許を取得させてくれるのですぐタクシーに乗れる

国産自動車交通なら、タクシードライバーになりたいと感じている人も、すぐにスタートに立つことができるのでお勧めです。最初に第二種免許を取得しないといけない仕事ですが、会社の方で費用負担の上で取らせてくれるので、とても頼りになる存在と言えるでしょう。


費用は会社が負担というのがとても大きい

基本的に、タクシードライバーになるなら、もちろん普通自動車第ニ種免許を取得しなければならないです。その際、馬鹿にならない費用が発生するので、困ってしまう人もいるでしょう。しかし、国産自動車交通なら、会社負担で第ニ種免許を取得させてくれるので、お金があまりないと言う人も安心できます。お金のことに気をとられて、なかなか勉強に集中できないといったことにはならないので、合格率も自然と上がるはずです。その他にも、社員の教育には力を入れている会社なので、免許取得後も頼りになるでしょう。研修制度、そしてその内容が非常に充実している会社でもあります。

給与体系もかなり良い部類に入る

タクシードライバーは隔週で働くことが多く、休みが多い部類に入るものの、 1日あたりの拘束時間が長いので、その間にいかに回転率を高めるかが大きなポイントになります。国産自動車交通は、ネームバリューのおかげで客も多いというメリットがあるため、回転率を稼ぐことが可能です。また添付倍率もかなり良い部類に入るため、努力次第で大きく平均年収を上回ることができるでしょう。先輩ドライバーたちが、稼ぐためのノウハウをしっかりと教えてくれますし、どの場所、そしてどの時間帯にどのように動けば良いのかなどもわかるようになります。だからこそ、未経験者でも安心して働ける、素晴らしい会社と言えるはずです。

年齢問わず活躍ができる会社でもある

また、早すぎることもなければ、遅すぎることもないと言うのが、国産自動車交通の魅力でもあります。年代が若い人も活躍していると言う事実がありますし、それと同時に 60代などの年配も稼いでいるといった事実があるので、やはり待遇に関しては大きな魅力があると言えるでしょう。ただ、第二種免許に関しては条件があるので、そこだけは気をつけておきたいところです。普通自動車第一種免許を取得してから三年間経過している必要があります。また、年齢を重ねている人が視力や聴力が衰えていると、取得できない可能性もあるので注意しておきたいところです。第ニ種免許にチャレンジする人は、若い人でも、年齢を重ねている人でも注意すべきポイントがあるということを覚えておきましょう。

まとめ

国産自動車交通は、初心者にありがちな第二種免許取得の問題も、会社が取らせてくれるのですぐクリアにできます。未経験者が入りやすいタクシー会社の1つと言えるので、年齢を気にせず、とにかく面接に向かってみるのが良いでしょう。


公式ページはこちら